塩沢宿牧之通り

「塩沢宿牧之通り」は、塩沢らしい街づくり、孫子の時代にも誇れる街づくりを目指し、地域住民が一体となり取組み、江戸時代の宿場町、雪国特有の雁木の町並みの風情が再現されました街並みなります。

「雪国の歴史と文化を活かすまちづくり」というコンセプトにより創られたこの美しいまちなみとそのまちづくりは、『アジア都市景観賞大賞』や都市景観大賞「都市空間部門」で大賞を受賞するなど、これまで多くの賞を受賞しました。

主なイベント
2~3月:ひな雪見かざり(ひな人形を展示)
2月:しおざわ雪譜まつり
4~5月:武者人形かざり(武者人形を展示)
5月:牧之茶会(抹茶と水菓子を提供)
7月:七夕飾り
7月:住吉神社大祭(塩沢まつり)
10~11月:つむぎ語り(越後上布や塩沢紬の着物を展示)
10月:新米の陣

◇アクセス◇

鉄道で
JR上越線塩沢駅から徒歩5分です。
車で
国道17号「塩沢駅前」交差点から塩沢駅方面に200メートルです。
鈴木牧之記念館前に駐車場があります。





市内の雪を利用した施設

ISVC

関連記事

  1. 雲 洞 庵

    直江兼続、上杉景勝が幼少期に学んだ寺、雲洞庵詳しくはこちらから…

  2. 関 興 寺

    600年以上の歴史を持つ越後の古刹詳しくはこちらか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP