• 南魚沼市の暮らしQ&A
  • HOME
  • 南魚沼市の暮らしQ&A

南魚沼市ってどんなところ?
豪雪地の暮らし方など、色々な質問にお答えします。

◇ 南魚沼市への転入準備 ◇

【わくわく地方生活実現制作パッケージ】や【UIターン促進住宅支援事業補助金】等の支援のほか、起業や働く環境づくりを応援する制度もございます。
詳しくはこちらをご覧ください。

◇ 暮らす ◇

南魚沼市は例年、2メートルくらいの積雪があります。ですが、ほとんどの道路は除雪車や消雪パイプによって除雪されていて、雪による不通は滅多にありません。
南魚沼市にある自動車学校でも雪道安全プランもありますので、雪道の運転が心配の方は受講するのもいいかもしれません。
雪=寒いのイメージがあると思いますが、南魚沼市は、雪による湿気が保たれていて、風もあまり吹かないので寒さはさほど気になりません。
電車やバスは1時間に1本程度です。車があった方が便利かと思います。

住むところや働くところが駅やバス停の近くであれば、自動車や免許がなくても生活していけると思います。
断言はできませんが、都市部より近所付き合いは深くなる可能性は高いと思われます。
集落の一員として、また近所同士で支え合っていく仕組みがあります。それを億劫だと考えるか、地域の安全・安心や伝統文化の保存のために重要だと考えるか、感じ方はそれぞれだと思います。
プレッシャーに感じず、身近なところから思い切って地域に溶け込こむ一歩を踏み出してみれば、新しい喜びあるかもしれません。
現在、市内には保育園・認定こども園27園、小学校19校、中学校4校、特別支援学校1校、県立高校4校、私立高等専門学校1校、私立大学院大学1校があります。

また、国際大学がある立地を生かして、教育課程特例校として市内の全小学校で国際科の授業を行っています。外国人との英語によるコミュニケーションを通して相手の思いを受け止めたり、自国の文化や伝統の良さに気づいたりできる、心豊かでたくましい子どもたちの育成に努めています。 子育てに関する支援はこちらをご覧ください。