お米とプラスチックで南魚沼市から全世界へ

こんばんは

本日は各地でイベントが行われて南魚沼市も凄い盛り上がりだったと

SNSも様々なイベント情報で盛り上がっていますね。

みなさんも知ってのとおり

浦佐駅では

米と酒

魚沼の陣という事で、とても大盛況だったと伺いました。

浦佐駅が賑わう

凄いですね。

浦佐出身者としては浦佐駅がこんなに賑わうとなんだか嬉しいですね

子どもにも嬉しいスペース
屋外での飲食テント
晴れたこんな日にはライディーンビーーール

と、行けなかった方は写真で少しでも雰囲気が伝わればと思います。

さて、題名には米とお酒ではなく

米とプラスチック

このフレーズどこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?

動画観てください。

株式会社バイオマスレジン南魚沼 | 南魚沼市の会社 南魚沼市まちづくり推進機構

海洋プラスチック問題や地球温暖化問題などはプラスチックとの関わりが深く、昨今では脱プラスチックが叫ばれておりますが、弊社では”国産バイオマスプラスチック樹脂製造を生業”としています。主力はお米のプラスチック樹脂製造で、お米と言っても食用米は使用せず、非食用米と言われる”くず米”や”砕米”、”米粉”などを使用しています。 …

南魚沼市内のお仕事のページにバイオマスレジン南魚沼様が追加されました。

お米が51%入ったおもちゃ

↑バイオマスレジン南魚沼様で作られてる商品の一部です。

こんな企業が市内にあるとは、これからどんどん需要が増え、環境問題にもとても大切なお仕事です。

意外と知らないお仕事の事が、まちづくり推進機構のホームページから観れますので、是非一度ご覧いただければ幸いです。

記:大竹竜徳

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。